メインイメージ画像

ソフトウェアの品質を評価するための品質特性とはなにか

ソフトウェアの難しさとは何でしょうか。実態のあるハードウェアと違って、目に見えないソフトウェアを評価するというのはとても困難です。使用だけでは具体的な性能はわかりませんし、本当に運用してみて初めて使い勝手が理解できるソフトウェアも少なくありません。評価が厄介なソフトウェアですが、目には見えない製品であるからこそ評価が重要な意義を持つのも事実です。ソフトウェアの評価を可能にするために進められてきた取り組みが、品質特性と言われる考え方です。

品質特性とは、ある者の品質を示す特性のことを指します。

合理的な基準で定められた項目ごとに品質の特性を評価し、分かりにくい品質評価を誰でもわかるように評価するという取り組みです。ソフトウェアの品質特徴に関しては、国際基準であるISOIEC9026という基準が1991年に定められています。国内のソフトウェア品質特性基準はISOIEC9026で創られたJIS規格、JISX0129-12003が利用されています。ソフトウェア自体の品質特性は機能性、信用性、使用性、効率性、保守性、移植性の6つの特性が設定され、さらにそれぞれに福徳性が規定されています。

機能性は指定条件下で必要な性能が実装されているかどうかを示す特性です。ソフトウェアの機能そのものを査定します。

信託性はソフトウェアが問題なく動作するかどうかに関する特性です。信頼性が低いと安定性を欠くことに繋がります。使用性は使いやすいかや分かりやすいかどうかに関する特性です。誰でも使えてわかりやすいソフトウェアであるかを評価します。

効率性はソフトウェアの効率の特性です。

効率性が優れているほど、少ない資源で高い成果を生み出します。保守性は修正や改定などメンテナンスのしやすさを表す特性です。保守性が低いと後から変更するのが困難になります。移植性は別の環境に移植した場合の再現度や移植のしやすい特性です。特定のハードでしか動作しない場合は、移植性が低いことになります。

更新情報